読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライター編集者・友光だんご日記

編集者/ライター・友光哲(友光だんご)の日記です。

ジモコロ多可町記事&だんごこぼれ話

こんにちは、友光です。 先日、ジモコロにて初の記事が公開されました。

www.e-aidem.com

柿次郎さんから「ジモコロの取材の雰囲気を見てみない?」と誘われ、フリーランスになるか迷っている最中に行ったやつです。しかしこれがめちゃくちゃ楽しかった。 

f:id:tmmt1989:20170211163210j:plain

すごい雪だし。

柿次郎さん+くいしんさん(灯台もと暮らし)+小林さん(鶴と亀)という豪華メンツにお邪魔して、会うの2回目もしくは初対面なのに3泊4日雑魚寝で一緒に旅するという濃いのをいきなりぶっこんだ結果、楽しくなっちゃいました。

記事では「旅感」をだいぶ削ったので、使わなかったエピソードや写真などをブログで紹介します。写真は全て小林さんのものをお借りしています。

 

柿次郎さんの地元から旅がスタート

新大阪駅周辺は柿次郎さんが20代半ばまでを過ごした地元。新幹線からレンタカーに乗り換えて街を走っていると、青春エピソードが続々登場します。

昔住んでいたマンションから始まり、昔バイトしてたお店、彼女さんとよく通った道……

↑あのインタビューの舞台ですよね。BGMでヒップホップが流れる車内は完全にエモ空間でした。

Chattanaの森

f:id:tmmt1989:20170211165019j:plain

f:id:tmmt1989:20170211165023j:plain

 2晩宿泊したのは、兵庫・多可町にある「Chattanaの森」のコテージ。おしゃれカフェもあり、朝食はこちらで。

「chattana」とは多可町のおもてなし言葉「よう来ちゃったな」が由来だそうです。あまりの寒さに壊れた給湯器も直してくれたり、2日目の晩には超豪華な鍋も用意してくれたり、本当におもてなし精神にあふれてました。今度はキャンプで行きたいな〜

「Chattanaの森」https://www.facebook.com/chattananomori/

 

山のなかの温泉郷 

f:id:tmmt1989:20170211170444j:plain

あと、ここです「足湯喫茶」。 実は多可町ではなく隣町にあったので、記事ではあまり触れなかったのですが、濃い場所です。

www.seseraginoyu.com

そもそも「ふところ館」「みはらし館」の2つの温泉&「足湯喫茶はんせ」&物産館&思い出博物館……といくつもの施設が集まったプチ温泉街みたいになっていて。

f:id:tmmt1989:20170211170928j:plain

足湯喫茶はこんな感じ。店の中に入ると湯気でメガネが一瞬で曇ります。足を温泉につっこんで上で飯食いながらビール飲んだりすると幸せすぎて頭が回らなくなりました。

f:id:tmmt1989:20170211171147j:plain

 にゅうめんを食べました。

「思い出博物館」には明治〜昭和のカメラ約800台と世界各国の蝶の標本1700種 、さらに昔の暮らしの道具や雑誌が展示されています。珍スポットです。

 

結局、この旅の途中で「レポート記事書いてみる?」とライター仕事を頂き、フリーランスになることを決心。人生の転機となる思い出深い旅になりました。 

多可町の記事は、くいしんさん担当のものがもう1本、来週くらいに公開になります。そちらもお楽しみに!

 

ライターネーム 

 あと、柿次郎さんから「友光だんご」という名前を頂戴しました。

曰く「岡山レペゼン感」「だんごって『複数のものを同じ場所に集めること』って意味だから編集者っぽい」とのことですが、夜中の1時に「この名前どう?」って来たので深夜テンションの匂いがします。

正直まだあんまり飲み込めてないですが、だんごの仕事をやることが目標です。よろしくお願いします。