読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライター編集者・友光だんご日記

編集者/ライター・友光哲(友光だんご)の日記です。

フリーランスを1ヶ月やってみて

こんにちは。友光だんごです。

いい加減「だんご」という名前にも慣れてきましたが、まだ名乗った後に「本名ですか?」と聞かれると(3割くらいの確率で聞かれる)詰まってしまうので修行が足りないなと感じています。

 

フリーランス生活1ヶ月やった感想

・人との会話は減る

毎日会社に行っていたころと比べたら減る。1日家で作業してた日なんかは会話に飢えるので仕事から帰った妻と積極的に喋るようになる。夫婦の会話は増えたので結果オーライかもしれない。

 

・家事、意外と時間かかる

妻が働いてるので家が仕事場の僕が家事してるのですが、意外と時間くうのでちゃんとやってると仕事の作業時間が減る。いや、家事と仕事以外の休憩時間を減らせばいいんですが、その3つのバランスがまだ確立しない。仕事机の横にコタツがある環境も良くない気がしている。

 

・本を読む時間が減る

家にいると仕事しなきゃいけない気になる(ずっと仕事できているわけではけしてない)ので、前みたいに家で本を読む時間が減った。読む量が減っている。ウェブ記事を見る時間が増えてのはあるのだけど、もっと緩急つけた生活リズムにしたい。

 

・メッセやチャットでのやり取りは楽

フリーランス関係ないですが、前いた出版社だと仕事関係のやり取りは基本メール。いまはウェブ業界の人がほぼなんですが皆さんメッセンジャーやチャットワークでやり取りするんですね。メール打つ時間がいらなくなってとても楽。

 

結論:生活リズムをもうちょっと締めたい

 

さいきん面白かったもの

・「岡崎に捧ぐ」3巻

https://www.amazon.co.jp/岡崎に捧ぐ-BIG-SUPERIOR-COMICS-SPECIAL/dp/4091792243

幼年期の終わり」というか、青春の憂鬱がじわじわと作品に広がり始めてきた。同時期に出た「ハイスコアガール」の7巻も同じ感じだ。

 

・「冷凍都市で死なない」

「いまの若者のための暮らし系メディアが出てきてしまった!」と衝撃を受けた。タイトル向井秀徳ですが、「うまいこと生きのこるための暮らしの知恵」というテーマもサイトのデザインも写真もいい。しかも作ってるの年下。嫉妬もしてしまうのですが、いち読者として楽しく読んでます。こういうの作りてえな、というやつです。 

 

清竜人25「愛してる♡キスしたい♡Hしたい♡」

www.youtube.com

 最後までぶれずに振り切ったタイトルも、youtubeのコメント欄で「概念」て書かれてて笑った衣装も、多幸感てんこ盛りな曲も最高。

 

 

経験値ボーナス東北ツアー

こんばんは。友光だんごです。先週後半、山形・秋田を3泊4日で回ってきました。

そもそもは発酵デザイナーの小倉ヒラクさんと編集者の藤本智士さんが、柿次郎さんを案内するというツアーで。ジモコロの取材も兼ねており、鶴と亀の小林くんも参加。そして僕も同行させていただきました。

 

情報量の多い旅で、最終日には皆さん「頭がパンパン…」と言い合うくらい。詳細はジモコロの記事にて書くと思いますので、とりあえずFacebookに貼った写真でダイジェストします。

f:id:tmmt1989:20170227215330p:plain

f:id:tmmt1989:20170227215437p:plain

f:id:tmmt1989:20170227215415p:plain

食べ物もお酒も美味しかったなあ……山形・秋田とも初上陸だったので、風景も食も人も新鮮さしかなく楽しみました。

 

そして何より、今回は人からの学びが大きすぎた。

まずヒラクさん頭切れすぎ。僕の120倍くらいの速度と精度で物事を言語化するし、解説が本当に上手だし。そんなヒラクさんの話を聞きながら飲む日本酒の旨いこと旨いこと。

藤本さんは編集者の大先輩なので正直会うまではビビってたのですが、とても温かく接してくださり、直接伺う『Re:S』や『のんびり』の話はとにかく面白くて。「いちじくいち」や「なんもダイニング」といったイベントを通じて「地域の編集」に取り組む姿を間近で見られて興奮しっぱなしでした。

柿次郎さんに「つねにメタルキング倒してるような状態だね」と言われたくらい、目の前のものからも会話からも経験値がドバーッと押し寄せてくるような4日間で、行けたことに本当に感謝です。

 

あ、現地での買い物も、手持ちが無くなり柿次郎さんにお金を借りてまで沢山しました。

f:id:tmmt1989:20170227223156j:plain

秋田にて移動中に道の駅に寄る場面があったのですが、藤本さん&にかほ市役所の方にその場でオススメされたらついつい沢山買い物しちゃうわけです。完全に「よくできた観光バスツアー」でした。皆さん薦めるの上手すぎ。

 

f:id:tmmt1989:20170227223151j:plain

あとは最終日に寄った秋田市民広場でのイベント「なんもダイニング」にて、貴重な『Re:S』バックナンバーや、北東北のローカル誌『rakra』で藤本さんが責任編集を務めた号も購入。rakraは、通常の表紙と異なり、イベント限定で写真違いの特別版!帰ってからじっくり読んでいます。

 

それでは取材記事が公開されたらまたお知らせしますー!

 

 

 

「『下』に下ろす」ことについて

こんにちは、友光です。

 
 

今日読んだこの記事が面白かったです。

「でも、そこそこ方針が決まったら、雑でもいいからすぐに作り始めたほうが効果的なのです。そのことを「構築主義(コンストラクショニズム)」と呼びます。実際に手を動かしながら何かを作ることで、答えが浮かび上がってくるのです。」

自分もはじめに考え込んでしまう方なので、とても刺さりました。刺さったついでにブログを書き始めた次第です。

 

 

ジモコロで書いた2本目の記事が公開になっています。

この記事をきっかけに「職人問題」について調べるようになりました。

世の中の産業や価値観が変化するのは仕方ありませんが、衰退にただ任せ、何十年、何百年という時間を費やし受け継がれて来た職人の技術が途絶えてしまうのは惜しい。

 

で、今日、フリー編集者の西山武志さんと会いました。西山さんは大学の一つ上の先輩かつフリー編集者の先輩ということで、色々教えてもらっていたのですが、次のような話が。

(特にウェブ業界で)編集者がいない、ライターがいないと言われるのは、教育が不足している、というんですね。教育されず、単価の安い仕事ばかり受けているライターはリテラシーもプライドも育たない。

で、編集経験のある人が、どんどん「下」に知識やノウハウを下ろしていかなければ、新しい人が育たないし、結果的に業界は小さくなってしまう……というような話でした(ざっくりですが)。

 

この構造って、職人の衰退の状況とまさに同じだと思うんですよね。技術やノウハウを(経験値的に)下の人に下ろし、伝えていかないと、やがて業界は衰退してしまう。

西山さんは「教育というか『シェア』くらいの感覚で伝えたらいいと思う」と言っており、これまたいいなと。業界全体が盛り上がれば、結果的に自分に返ってくるので。

まだ自分の足場を固めてる段階ではありますが、自分のできる限りのシェアはしていきたいな、というところで今日は終わります。

 

ジモコロ多可町記事&だんごこぼれ話

こんにちは、友光です。 先日、ジモコロにて初の記事が公開されました。

www.e-aidem.com

柿次郎さんから「ジモコロの取材の雰囲気を見てみない?」と誘われ、フリーランスになるか迷っている最中に行ったやつです。しかしこれがめちゃくちゃ楽しかった。 

f:id:tmmt1989:20170211163210j:plain

すごい雪だし。

柿次郎さん+くいしんさん(灯台もと暮らし)+小林さん(鶴と亀)という豪華メンツにお邪魔して、会うの2回目もしくは初対面なのに3泊4日雑魚寝で一緒に旅するという濃いのをいきなりぶっこんだ結果、楽しくなっちゃいました。

記事では「旅感」をだいぶ削ったので、使わなかったエピソードや写真などをブログで紹介します。写真は全て小林さんのものをお借りしています。

 

柿次郎さんの地元から旅がスタート

新大阪駅周辺は柿次郎さんが20代半ばまでを過ごした地元。新幹線からレンタカーに乗り換えて街を走っていると、青春エピソードが続々登場します。

昔住んでいたマンションから始まり、昔バイトしてたお店、彼女さんとよく通った道……

↑あのインタビューの舞台ですよね。BGMでヒップホップが流れる車内は完全にエモ空間でした。

Chattanaの森

f:id:tmmt1989:20170211165019j:plain

f:id:tmmt1989:20170211165023j:plain

 2晩宿泊したのは、兵庫・多可町にある「Chattanaの森」のコテージ。おしゃれカフェもあり、朝食はこちらで。

「chattana」とは多可町のおもてなし言葉「よう来ちゃったな」が由来だそうです。あまりの寒さに壊れた給湯器も直してくれたり、2日目の晩には超豪華な鍋も用意してくれたり、本当におもてなし精神にあふれてました。今度はキャンプで行きたいな〜

「Chattanaの森」https://www.facebook.com/chattananomori/

 

山のなかの温泉郷 

f:id:tmmt1989:20170211170444j:plain

あと、ここです「足湯喫茶」。 実は多可町ではなく隣町にあったので、記事ではあまり触れなかったのですが、濃い場所です。

www.seseraginoyu.com

そもそも「ふところ館」「みはらし館」の2つの温泉&「足湯喫茶はんせ」&物産館&思い出博物館……といくつもの施設が集まったプチ温泉街みたいになっていて。

f:id:tmmt1989:20170211170928j:plain

足湯喫茶はこんな感じ。店の中に入ると湯気でメガネが一瞬で曇ります。足を温泉につっこんで上で飯食いながらビール飲んだりすると幸せすぎて頭が回らなくなりました。

f:id:tmmt1989:20170211171147j:plain

 にゅうめんを食べました。

「思い出博物館」には明治〜昭和のカメラ約800台と世界各国の蝶の標本1700種 、さらに昔の暮らしの道具や雑誌が展示されています。珍スポットです。

 

結局、この旅の途中で「レポート記事書いてみる?」とライター仕事を頂き、フリーランスになることを決心。人生の転機となる思い出深い旅になりました。 

多可町の記事は、くいしんさん担当のものがもう1本、来週くらいに公開になります。そちらもお楽しみに!

 

ライターネーム 

 あと、柿次郎さんから「友光だんご」という名前を頂戴しました。

曰く「岡山レペゼン感」「だんごって『複数のものを同じ場所に集めること』って意味だから編集者っぽい」とのことですが、夜中の1時に「この名前どう?」って来たので深夜テンションの匂いがします。

正直まだあんまり飲み込めてないですが、だんごの仕事をやることが目標です。よろしくお願いします。

 

 

「鶴と亀・小林くん大好きおじさん」の夜

こんにちは。トモミツです。

昨晩、渋谷HMVでのイベント「鶴と亀・小林くん大好きおじさん」に行って来ました。

f:id:tmmt1989:20170205160034j:plain

「地方のイケてるおじいちゃん・おばあちゃんをスタイリッシュに発信」するフリーペーパー『鶴と亀』を発行し、カメラマンとしても活動する小林直博くん。

25歳の彼は多くのおじさんを虜にしているのですが、今回、その中の4人のおじさんが、ついに公開で小林くんへの愛を語るイベントが開催されたのです。

「おじさん」として登場したのは、「ONLY FREE PAPER」の松江健介さん、山梨のフリーペーパー『BEEK』の土屋誠さん、「鴎来堂」「かもめブックス」の柳下恭平さん、「ジモコロ」の柿次郎さん。

jet-set.hatenablog.com

すでに出演者の一人である柿次郎さんがブログで書いているので、僕は客目線での感想を。

 

まず、イベント開始早々、4人のおじさんが「小林くんとの親密度」でマウントをとりあう流れが完全に面白くて。

「一番昔から小林くんを知っている」「実家に行ったことがある」「一緒に一番風呂に入っている」等々、ヒートアップ。

さらに、小林くんとの出会いを語るうちに発覚したのが、松江さん・土屋さん・柳下さんは、小林くんから「アプローチされた側」で、柿次郎さんのみ、自分から小林くんに「アプローチした側」だということ。席順も気づけばその通り。

f:id:tmmt1989:20170205152334j:plain

「アプローチされた」ステージ右手の3人。

f:id:tmmt1989:20170205152338j:plain

「アプローチした」柿次郎さんは、ステージ左手で小林くんの隣に。

ここで、「柿次郎さんは距離で親密度を稼ごうとしている」「アプローチされた俺たちの方が好かれている」と右手の3人が俄然、調子づきます。

そもそもこのイベント、一歩間違えば完全にヤバい絵です。が、なぜか多幸感あふれる雰囲気でエンターテインメントとして成立しているのは、人が「好きなものについて語る」ときのポジティブなエネルギーゆえでしょうか。

そして、フリーペーパーである『鶴と亀』を広告をとり黒字で発行し、10000部もの部数を自分たちの手で発送するなど、小林くんの凄さについて真面目に(?)語られる場面も。終わってみれば僕自身、前より数倍小林くんのことが好きになっていました。ここまでおじさんたちの計画だったのなら凄い。

 

ちなみに、その後の打ち上げで小林くんに聞いたところ、おじさん4人のなかで「一緒に住みたい人」第1位は土屋さん「自分が女子になったとき、彼氏になりたい人」第1位は松江さんという回答だったことをここに報告しておきます。

 

『人生フルーツ』、夫婦の静かな暮らしの実験

ポレポレ東中野で映画『人生フルーツ』を観てきました。

www.youtube.com

建築家の津端修一さん、英子さんご夫妻の暮らしを記録した、東海テレビ制作のドキュメンタリー映画です。

修一さんは90歳、英子さんは87歳。修一さんは建築家・都市計画家で、かつて「阿佐ヶ谷住宅」や「多磨平ニュータウン」の設計に携わった方。その後、1960年代に自然と共生したニュータウンを構想するも、経済優先の波に阻まれ、修一さんの想いと異なる、無機質な団地群が生まれます。


そこで修一さんは、「ひとりで里山を作り出す実験」を始めます。自宅の周りを雑木林が囲い、畑には野菜や果物が実り、野鳥が訪れる家。そこで「半自給自足」的に、自然の恵みをいただきながら、津端夫婦は暮らしています。

それはいわゆる「ていねいな暮らし」なんですが、単にそれだけの言葉で収まるものではないんですね。

まず、修一さんの「理想郷」だということ。「暮らしとは本来、自然と共にあるべき」というような修一さんの脳内にあるイメージを、何十年もかけて具現化したのが、津端家の暮らしだと思います。

そして、その理想を叶えるためには、英子さんの存在がなくてはならない。


「なんでもお父さんの言う通りにしてあげたい」「旦那がよくなれば、巡り巡って自分もよくなるから」と英子さんは語り、「英子さんはどんな存在か」と尋ねられると、修一さんは「僕にとって最高のガールフレンド」と答えるんです。70年近く連れ添って出るこの言葉!!


夫婦の関係性に世代的なギャップも感じますが、確固たる思想があり、それを実現し、後世へ残すための「暮らしの実験」 としての二人の生き方、憧れる人が多いのもよく分かります。


あとは映像の力〜〜ともなりました。風の音や枯葉を踏む音、2人の会話のちょっとした間や息遣い……文字のインタビューだけでは表現できない空気感が詰まっていて。ちょうど先日のジモコロ取材で同じようなことを考えていたので、改めて文字も頑張らなと。

 

思いつくままですがそんな感想でした。 


人生フルーツ

http://life-is-fruity.com/sp/

浅草「Buttobi」のカフェが穴場だった話

こんにちは。トモミツです。

昨日、「Asakusa Buttobi」に遊びに行ってきました。

「パーリー建築」がリノベーションし、去年秋にオープンしたお店です。

※パーリー建築……地域の人を巻き込み、パーティーしながら空き家を改修し、全国を回る面白集団

f:id:tmmt1989:20170203163806j:plain

先日、下北B&Bでの『ソトコト』指出さんと柿次郎さんのトークショーで、指出さんが紹介しており、気になっていた場所です。トークショーきっかけで知り合った新井さんに誘われ、柿次郎さんとともに行ってきました。

f:id:tmmt1989:20170203164125j:plain

店内はこんな感じ。一階がカフェバー、二階がゲストハウスになっています。

不思議な光の正体は……こいつでした。

f:id:tmmt1989:20170203164147j:plain

だるまの両目にミラーボールが埋め込まれたアート作品。パーリー感がありますね。

ゲストハウスは一泊2500円とお得!この日も何組も宿泊客がいたようです。一方、カフェバーはゲストハウスほど今のところお客さんが多くないようで……もったいない。ここ、穴場だと思います。

飲み物メニューも豊富かつお手頃。浅草らしく電気ブランも。

f:id:tmmt1989:20170203164352j:plain

オーナーがミュージシャンのためアンプやDJ機材、ギターやベースまで完備。プロジェクターまであります。wi-fiも飛んでいて、おまけに店の人のホスピタリティがとっても高い。

フランクに話せて、iphoneを機材につないで好きな音楽を流してもOKだし(客が我々だけだったので)、なんならゲーム機持ち込んでもいいですよと。本当に……?プロジェクターに映して大画面で遊べるし、音はミキサーに通してめっちゃいい音でできそう……!

暗めの照明にミラーボールの光が妙に落ち着き、くつろぎつつ作業もはかどるステキ空間でした。今度ニンテンドー64持ち込んでスマブラやりたいです。

f:id:tmmt1989:20170203164258j:plain

最近、新聞で紹介されていたみたいです。これからもっとお客さんが増えそう。

f:id:tmmt1989:20170203165015j:plain

リノベーションの様子を記録した写真が店内にありました。楽しそう〜

 

Asakusa Buttobi https://www.facebook.com/asakusa.buttobi/